クラブオーナーより

コンケーンFCについて

我々のクラブは強力なサッカーチームとしてメンバーを構成し、絶えず応援を送ってくれるファン、そしてメンバーの”ファミリー”がいる。

2017年のリーグチャンピオンシップでは、より上のリーグでプレーできる力を発揮するでしょう。

コンケーンFCはタイ東北地方のリーグであり、上位リーグへの進出には各地域のトップチームと戦うことが必須となります。我々は日々この戦いに向け、挑戦を繰り返しています。そして目標は「リーグ1へ戻る」ということ。

我々のクラブは2005年小さなサッカーチームから始まりました。その後、チームからクラブへの昇格承認(クラブライセンス)を得ることができ、AFCチャンピオンズリーグ2011のスズキ会長が観戦し、コーポレートクラブとして称賛されました。成長した我々のクラブは、今やコンケーン県内のみならず全国に大勢のファンを獲得することができました。

今クラブは、青少年へのサッカー指導を通して地域貢献を定期的に行なっており、広い世代に受け入れられるようになってきました。そして、クラブの愛称「T-REX」も定着してきています。

そして今シーズンは、コンケーンFCが新たな形態として生まれ変わりました。我々のクラブはBoonrod Groupと協力し、「スポンサー」から「株主」へ形態を変え、選手と組織と運営のための管理体制を強化することができました。特に、スポーツ事業に関する専門職員にもサポートを得ながら、テクニカルワーキンググループ、コーチングスタッフを配置し、プロ選手を強化する体制が整いました。

コンケーンFCが偉大なグローバル組織と同じ”ファミリー”となれたことが大変喜ばしいと感じています。そして、コンケーンFCのプレーするサッカーで、ファンと我々経営陣が皆幸せになることを願っています。

Khon Kaen Football Club オーナー
College of Asian Scholars 学長
Kasom Chanawongse